mitokittokは食べてみる、見てみる、行ってみる、泊まってみる…など北海道の過ごし方を札幌を中心に実際に体験することでリアルな情報をお伝えしていきます

mitokittok

未分類

北海道の桜餅は関西風。葉っぱは食べる?食べない?

ひな祭りの今日は、桜餅を食べるのが、我が家の習慣。
季節感は大事にしたいものだねえ…。

ところで桜餅には「関西風」と「関東風」があるのをご存知だろうか。

なんとなく、ころんとしているやつと、薄皮で巻いてあるやつくらいの違いは知っていても「関西風」と「関東風」があるのはなかなか知らないかもしれない。

じつは調べてみると、日本の桜餅の大半は「関西風」。
つまり、ころんとしたタイプの桜餅が主流なのだ。

関西風の桜餅は道明寺からはじまった。

大阪の藤井寺市に名前の由来になった道明寺というお寺があるらしい。
その道明寺で作られた保存食の糒(ほしいい)が材料。
いまでは道明寺粉と呼ばれている。

道明寺粉は、もち米を一度蒸して、乾燥させて粗く砕いた物。
これを蒸して色付けしたもので餡を包んで作ったのが、関西風桜餅。
米の食感が残るつぶつぶとした食感が特徴。

なぜ北海道に関西風の桜餅が伝わったかというと、
当時北海道と本州を結ぶ、北前船が関連しています。

つまり関西の菓子職人が北前船に乗って、北海道にわたり、
そこから作られ、広まったというのです。ロマンですねえ。

関東風の桜餅は長命寺発祥。

話によれば、もともと桜餅は長命寺で考案されたのが、最初らしい。
その人気が関西に伝わって、大阪でも作られるようになったとか。

薄皮の材料は小麦粉。店の近所の土手に咲いた桜の葉を塩漬けにして、
薄皮に餡を巻いて提供したところ、花見客に大ヒットしたとか。

-未分類

Copyright© mitokittok , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.