mitokittokは食べてみる、見てみる、行ってみる、泊まってみる…など北海道の過ごし方を札幌を中心に実際に体験することでリアルな情報をお伝えしていきます

mitokittok

ふるさと納税

北海道ふるさと納税の第一歩!ふるさと納税についてざっくり紹介

ふるさと納税ってよく聞くけど、どんなものなの?

ふるさと納税制度は、自分の生まれた地域や応援したいとおもった自治体に寄付することができる制度です。例えば北海道から東京の会社に就職した場合、徴収される税金は東京都に収められますが、北海道の地元に寄付することで、地域の発展に役立ててもらえるという新しい納税制度です。

ふるさと納税ってなんでそんなに人気なの?

今ふるさと納税が人気なのは、納税した自治体からもらえる返礼品が豪華なため、話題になっています。また、ふるさと納税を実施すると、翌年の住民税や所得税に対し還付(控除)が行われるので節税にもなるため、多くのかたが実施されています。

返礼品ってどんなのだろう?おいしいものがいいなあ

返礼品は様々です。北海道のカニなどの海産物や、ブランド牛、乳製品、果物、お米などなど各自治体が創意工夫を凝らして用意しています。

でもふるさと納税って難しそうだけど…

難しいことは何もありません。以下のステップを参照ください。

step
1
参加するサイトに会員登録する

ふるさと納税ができるWebサイトはいくつかあります。利用するWebサイトによって参加している自治体が異なる場合もあるので比較的大きくて利用しやすそうなWebサイトを選びましょう。

step
自分が寄付可能な限度額を確認する

ふるさと納税では、自分や世帯の年収によって、いくらまで寄付が可能か金額が決まっています。各Webサイトではシミュレータなどが用意されていて、自分の可能額について簡単に調べることができます。

step
3
ほしい返礼品を選んで、買う

普通のネットショッピングと同じように、欲しい商品をカゴに入れて支払いをするだけ。返礼品が届いたら思い切り楽しみましょう。

step
4
確定申告をする

ふるさと納税では還付申告をしないと、翌年の税金に対して寄付金額が反映されません。確定申告は税務署に行かなくても、国税庁のWebサイトからも手続きできます。また確定申告の時期になると各自治体で特設会場を設けて、税理士たちが直接相談に乗ってくれるイベントもおこわれているようです。

ワンストップ特例制度というのもあります。これは確定申告が必要ありません。
何が違うのかというと、確定申告が所得税・住民税を還付・控除する手続きであるのに対し、ワンストップ特例制度では住民税のみが控除対象になります。

どちらの制度を利用しても原則差額は生じません

例外として住宅ローン控除などを利用している場合はワンストップ特例制度を利用したほうが全体的な控除額が大きくなる可能性があるようですので、事前にシミュレーションしておくとよいかもしれませんね。

実際どのくらいお得なの?

ふるさと納税の自己負担額は2000円です。

例えば、30000円の返礼品を購入した場合、30000-2000=28000が控除対象金額となって、翌年の税金から還付されることになります。ただし、自己上限金額以上の寄付を行った場合は、自己負担金が2000円以上となってしまう場合がありますので注意してください。

ふるさと納税のWebサイトってどれを選んでいいかわからないよ

ふるさと納税を仲介しているサイトはいくつもあります。
以下のポイントに注目して選んでみてはいかがでしょうか。

情報量の多さ

決済方法が多い

ポイントの有無

情報量が多い=参加している自治体も多いということですし、決済方法も銀行振り込み以外にもクレジットカードが利用できるところであれば手間も時間もかかりません。また、サイトによってはTポイントなどと提携しているところもあり、Wでお得になることもあります。

-ふるさと納税

Copyright© mitokittok , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.