mitokittokは食べてみる、見てみる、行ってみる、泊まってみる…など北海道の過ごし方を札幌を中心に実際に体験することでリアルな情報をお伝えしていきます

mitokittok

未分類

札幌でPM2.5の濃度が急増。外の空気がなんだか焦げ臭い…

2月28日から、なんだか外に出ると焦げ臭いにおいが…
でも近くで火事なんて起きてないしなあ…?
と思っていたら、なんだか霧がかかったように辺りがかすんで見えるぞ?

どうやらその正体は、大陸から飛散してきている、PM2.5らしい。

札幌ではここ数日、PM2.5の数値が激増。
気管支に病気を持つ方には長い時間外出をすることは控えるよう、
警報が出ているほどだ。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

個人的には、日本の大気汚染なんて、昭和の高度成長期の遺物であって、
ましてや、おおきな工場などないに等しい、
札幌でそんなことが起きるなんて想像もしていなかった。

けれどここ数年、PM2.5という単語がニュースで流れはじめて、
大気汚染が割と身近なものなんだと実感している今日このごろ。

PM2.5ってなんなのさ?

単語は聞いたことがある程度のPM2.5。
よく知らなかったので、調べてみたよ。

PM2.5は、髪の毛の太さよりももっともっと小さい、微粒子で、
大気汚染物質の一つ。(髪の毛の太さの30分の一)

車や工場などから排出される煙や、
大気中のガス成分が混ざり合ってできることもあるんだって。

花粉なんかよりもずっとずっと小さな粒子だから、肺の奥にまで入りこむので
ぜんそくや気管支が弱い人には影響が出ちゃうらしい。
ということは身体の隅々にまで回っちゃうってことよね…(-_-メ)

今回のPM2.5の原因は?

今回札幌でこれほどPM2.5の濃度が高くなっている原因は、
シベリアで発生している大規模な森林火災の影響らしい。
だから焦げ臭かったのか…!( ゚Д゚)

森林火災で発生した煙が上空に舞い上がって、西風にのって北海道にまで
飛来するというグローバルリズム!
まだまだ警戒が必要なようです。

調べてみたところ、今回はたまたま森林火災が原因とのことでしたが、
この時期になると大陸からやってくる、黄砂もPM2.5を運んでくるみたい。

防衛手段は?!

結局時自分の身は自分で守るしかないわけで。
マスクをするのが一番なんだけど。
マスクって嫌いなんだよね。

ちなみにガーゼマスクだと粒子の細かいPM2.5は素通りしちゃうので、
PM2.5に対応したマスクじゃないとダメなんだそう。

あとは空気清浄機。
最近の高機能なタイプなら、PM2.5もしっかりキャッチ!
なんて宣伝しているので要検討なのかな…。

今回のまとめ

これから春の風物詩になるかもしれない、PM2.5
北海道の春は、昔から埃っぽいところがあったけど、
早く澄み切った青空が戻ってほしいなあ。それでこそ札幌なのですから。

-未分類

Copyright© mitokittok , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.