mitokittokは食べてみる、見てみる、行ってみる、泊まってみる…など北海道の過ごし方を札幌を中心に実際に体験することでリアルな情報をお伝えしていきます

mitokittok

カフェ開業までの流れやポイント

[開業準備]喫茶店・カフェの開業前に、三人の自分のスキルを上げる

事を興すのは誰でもできます。
そしてそのうちの、何割かは成功し、
大半は失敗し、挫折します。

その差はなんでしょう?

原因にはいろいろありますが、
喫茶店・カフェを開業した場合、
1年で淘汰され、3年で事業継続を考えるとも言われています。

飲食店の中でも、喫茶店やカフェは
客単価が低く、収益が出づらい業態です。

それでも開業を目指すのは、そこに夢があるから。

その夢を長く保ち続けるにはどんなスキルが必要なのか、それを考えてみることにします。

三人の自分

喫茶店やカフェを開業するには、
三人の自分と向き合わなくてはなりません。

  • 起業家としての自分
  • マネージャーとしての自分
  • 職人としての自分

それぞれがバランスよく協調することで、
経営が成り立ちます。

起業家としての自分

コンセプトや事業計画を練り上げるのが役割。
「次は何が起こるだろう?」
「どうすれば実現できるだろう?」と常に考えているひと。

マネージャーとしての自分

開業までの資金繰り、
開業後の仕入れ、商品管理、従業員の管理、
帳簿の管理などが役割。
起業家はチャンスを探すが、
マネージャーは問題点を探す。

職人としての自分

メニューを考え、提供してゆくのが役割。
提供して、消費されれば満足するので、
マネージャーがいなければ、商売として成り立たない。

もちろん、全てのスキルを完璧に持っている必要はないし、得手不得手もあるので、なかなか難しいでしょう。

必要な業務が任せられる人材が近くにいれば良し。
しかし最初からそんな人件費はかけられないのが現実です。

最近は個人経営向けに便利なサービスやアプリケーションが出ているので、導入を検討するのもいいでしょう。

-カフェ開業までの流れやポイント

Copyright© mitokittok , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.